HOME > おすすめ修理ショップ > SIMフリーのAndroidスマホのおすすめの保険・保証は?

SIMフリーのAndroidスマホのおすすめの保険・保証は?

2020年11月30日作成
2020年12月02日更新

スマホを使う限り、水濡れ・落下などの危険がゼロとは言い切れないと思います。
iPhoneであってもAndroidであっても端末のトラブルが多い人には保険が欠かせません。

大手携帯キャリアであれば、独自の保険サービスがありますが、流行りの格安SIMで使うAndroidスマホの場合はどうなっているのでしょうか?

SIMフリースマホであっても加入できる保証・保険サービスをご紹介いたします。

目次

SIMフリースマホ?

SIMフリースマホとは 通信回線を契約をする際に発行される、スマホに挿入する小さなICチップのようなカードはSIMカードとよばれるものです。 携帯ショップでスマホを買う場合、店員さんが刺しているのを見たことがあるのではないでしょうか。このSIMカードにある情報を端末が読み取ることで、スマホで通信をすることができるようになります。 通常、各キャリアは自身の回線しか受け付けないように端末を設定していますので、そのキャリアでしか通信ができません。 これが「SIMロック」がかかっている状態です。 SIMフリースマホとは、その名前の通り「SIMロックがかかっていない端末」のことを指します。 SIMフリースマホを持っていれば、端末にロックがかかっていないので自由に通信回線を選択でき、自分に合った通信業者を選ぶことが出来るようになります。大手の3キャリアはもちろん、格安スマホやMVNOと呼ばれる通信サービスを選ぶことも可能です。

SIMフリースマホのメリット/デメリット

メリット・デメリット SIMフリーのスマホは先ほど説明したように自由に回線を選べるメリットがあります。 また、大手キャリアショップはミドルエンド~ハイエンドのモデルを取り扱いをしている場合がほとんどなのですが、SIMフリースマホは量販店や格安SIMの販売店であればローエンドモデルの端末も取り扱いがあり、購入の幅も広いです。 ネットサーフィン・電話・ラインをするくらいであれば問題はないため、自身の利用状況に合わせてこれらを利用することで、出費を抑えることが出来ます。 デメリットとしては、海外製の端末も多く端末について相談できる所が少ない点があげられます。端末によっては使えないMVNO回線があったり、使い方がわかない、故障してしまった時などに困る可能性があります。 初心者の方は安さに目が眩んで勢いで契約してしますと、後で後悔することもあり得ますので注意してください。
 

MVNOが用意をしている保険

MVNOが用意をしている保険 MVNO各社は端末補償に関するオプションを用意している場合があります。 補償サービスについては端末が故障した場合の修理・交換を行ってもらえる内容で月額400円~500円で加入できるものが多いです。修理中に代替機を貸し出してくれるような会社もあります。 一方で、端末とSIMをセットで購入した場合が保証対象となるよう限定されている場合が多く、SIM単体で契約をした場合持ち込み端末は保証対象とならない場合が多いところが欠点です。 MVNO各社はiPhoneの取り揃えを増やしてはいますが、まだまだラインナップの追加が遅く、『最新のスマホ+保証』という使い方はできないです。

家電量販店の延長保証

家電量販店の延長保証 SIMフリースマホを購入する場合、MVNO各社が独自に構えている店舗の数も少ない状況ですので、家電量販店で購入される方も多いと思います。 家電量販店と言えば、独自に家電延長保証を用意しており案内を受けた方もいると思いますが、SIMフリーも対象になると思っていないでしょうか? 実は、通信端末に関してだとノートパソコンは対象となっているのですが、スマホやタブレットは保証対象から外れてしまっている場合がほとんどです。 したがって、家電量販店でSIMフリースマホを購入される場合はSIM回線もセットで購入し、MVNOが用意している保証に加入するような対応が必要になります。

モバイル保険

モバイル保険 MVNOが用意している保証以外でSIMフリースマホに保険をかける場合、『モバイル保険に加入する』という方法があります。 モバイル保険は月額700円で3端末まで補償対象にすることができ、年間10万円まで修理代金を補償してくれます。 キャリアやメーカーではなく、保険会社が提供しているサービスで、無線通信がつながる端末であれば機種を問わず加入することができます。 サービスの内容としては、修理・交換の費用が減額になるのではなく、基本的にはかかった費用が全額返ってきます。 端末購入時でなくても加入することができ登録時において新規取得した日から1年未満の機器であれば対象となりますので、SIMのみ契約の方であっても持ち込み端末の保証として使うことができます。

SIMフリースマホ(Android)の修理方法

SIMフリースマホはiPhoneのように正規修理店をやっている店舗だけでなく、非正規の修理店も少ないのが現状です。 ではもし修理したいとなった場合はどうすればいいのでしょうか?

製造メーカーへ問い合わせて修理依頼をする

修理店がない場合は、基本的には直接メーカーに問い合わせて修理を依頼することになります。 問い合わせ方法はメーカーによって異なりますので、ご自身のスマホのメーカーを確認して公式サイトの記載に従ってください。 たいていはコールセンターが用意されており、コールセンターがない場合はメールでの問い合わせとなります。 故障の具合やメーカー保証期間内かどうか等、その時々の端末状態によって修理費用も変わってきますので、まずは問い合わせをして見積もりを聞きましょう。 見積もりを聞いて納得する場合、端末を郵送して修理をしてもらう場合が多いです。 尚、MNO(ドコモ・ソフトバンク・au)のキャリアでは、店頭にスマホを持っていくと修理をしてもらえるイメージがあると思いますが、SIMフリースマホの修理には対応してくれないことがほとんどです。 MVNO各社はMNOの回線を借りて利用していますが、回線を貸しているだけで取り扱い端末にまでは関与してませんので、SIMフリースマホのサポートは非対応となってます。

まとめ

スマホの故障・損傷は100%起きないとは言い切れませんので、「スマホを壊すことはない」と思っているからであっても実際に破損や故障が起こってからでは手遅れになってしまいます。 SIMフリー端末と言っても、修理代金が数万円かかることも充分にあり得ますので、安心したスマホ生活を送るために何かしらの保証や保険サービスに加入しておくことをオススメします! 安く使えることがSIMフリースマホの最大の利点だと思いますので、スマホの修理代で費用がかさんでしまい、せっかくSIMフリースマホにした意味が薄れてしまわないようにしましょう!   何かしらの保証サービスには加入しておいた方が安心なので加入しておくようにしましょう! モバイル保険はウェブから申込できます。 申込はこちらから↓
「モバイル保険」のお問い合わせ先
モバイル保険サービスセンター(受付時間 9:00~18:00):0570-067-789