HOME > おすすめ修理ショップ > KDDIの新料金プラン「povo(ポヴォ)」の最新情報まとめ! サービスやトッピング内容、使えるスマホ保険について解説します!

KDDIの新料金プラン「povo(ポヴォ)」の最新情報まとめ! サービスやトッピング内容、使えるスマホ保険について解説します!

2021年01月15日作成
2021年05月01日更新

2021年1月13日、KDDIから新料金プランの発表がありました。 オンライン専用の安価なプラン「povo」が2021年3月より提供開始となります。 さらにauやUQモバイルの既存のプランも値下げとなるようです。 気になるそれぞれのサービス内容をまとめていきます。

目次

povoのサービス内容

povoのサービス内容 「povo(ポヴォ)」は2021年3月から提供開始となるオンライン専用の新プランです。
月額料金 2,480円(税抜)
月間データ容量 20GB
容量超過時の通信速度 最大1Mbps
通信 auの4G・5G
eSIM 対応
音声通話 20円/30秒の従量課金
手数料 au・UQモバイルとの切り替え時の変更手数料は無料
追加トッピング データ使い放題
200円(税抜)/24時間
データ容量追加
1GBあたり500円(税抜)
5分以内通話かけ放題
500円(税抜)/月
通話かけ放題
1,500円(税抜)/月

 

追加トッピング

povoで特徴的なのが追加トッピングです。 これは自由に付け外しが出来る追加サービスで、生活シーンに合わせて柔軟にサービス内容を変化させて、スマホをおトクに便利に使うことができます。 手続きに関しても、UI/UXに優れた企業と協業し分かりやすいデザインを用意することで、簡単に行えるとのことです。 現時点で発表されているのは以下の4つですが、今後も様々なトッピングを追加予定とのことです。 容量追加と通話に関しては、スマホのサービスとしては基本的なものですが、24時間のデータ使い放題が目を引きます。 大量に通信を行う必要がある日には、このトッピングを利用することで20GBの容量を使用せず済ませることができます。
トッピング内容 金額
24時間 データ使い放題 200円(税抜)/24時間
容量超過時のデータ容量追加 1GBあたり500円(税抜)
5分以内通話かけ放題 500円(税抜)/月
通話かけ放題 1,500円(税抜)/月

 

auの料金プランの値下げ

povoは「povo on au」としてauの料金プランとして展開されるようですが、店頭受付も可能なこれまで通りのauとしては、大容量を扱うブランドという位置づけになるようです。 新しいプランが発表されていますので、既存プランと料金を比較しました。 auでは家族割やスマートバリューなど各種割引を利用することができます。 新プランは期間限定の割引が無くなり分かりやすくなりました。反面、家族割が最大3人までの適用となり割引額は減少しましたが、元の価格が大きく下がっているため家族割を4人適用で利用していた人以外は安くなります。 解約料金の高い2年契約の古いプランを使っている場合にも、更新月のタイミングで切り替えを行うと良いでしょう。
使い放題MAX
5G/4G
データMAX
4G LTE
データMAX
5G
データ通信容量 使い放題 使い放題 使い放題
月額料金 6,580円 7,650円 8,650円
2年契約 -170円 -170円
家族割 2人 -500円 -500円 -500円
3人 -1,000円 -1,000円 -1,000円
4人 -2,020円 -2,020円
auスマートバリュー -1,000円 -1,000円 -1,000円
スマホ応援割Ⅲ
翌月から6ヶ月間
-1,000円 -1,000円
5Gスタート割
翌月から12ヶ月間
-1,000円
au PAYカード支払い割 -100円
実際の月額料金 4,480~6,580円 3,460~7,650円 3,460~8,650円

 

UQモバイルの新プラン

auの大容量プランに対して、UQモバイルは小中容量プランを扱うブランドとなります。 新プランは料金が大きく見直されており、データ容量も3プラン用意されてされています。 尚、「くりこしプラン」という名称ですが、余った容量を翌月に繰り越せるのは既存の「スマホプラン」と変わりありません。
スマホS スマホR くりこしS くりこしM くりこしL
月額料金 1,980円 2,980円 1,480円 2,480円 3,480円
データ容量 3GB 10GB 3GB 15GB 25GB
容量超過時 最大300kbps 最大1Mbps 最大300kbps 最大1Mbps 最大1Mbps

 

povo・au・UQの比較

オンライン専用のpovo、大容量のau、小中容量のUQモバイル。以降にかかる手数料も無料になり、それぞれのターゲットも明確になりました。 ではブランドを選択する基準は何になるでしょうか。 今までUQモバイルはauのサブブランとして位置づけられていましたが、今後はau回線でデータ容量をあまり必要としない人が利用するブランドとなりそうです。 auにあった小中容量の「ピタットプラン」はおそらく終了となるのではないでしょうか。auというブランドにこだわると使い放題プランしか選択できないことになります。 今後はしっかりと自身に適したプランを選択してブランドを切り替えながら使っていくことが必要になりそうです。 選択の基準として最も大きいのは、やはり店頭サポートが必要かどうかです。 povoとそれ以外との最も大きな違いは、店頭での受付やサポートを受けることが出来ない代わりに非常に安価なことです。 毎月大量の通信を行う人でも、povoは追加トッピングにより200円で1日使い放題とすることができるので、たとえばよく使うのは土日で平日の通信量は大したことがないという場合には、20GBまでのpovoでも十分な可能性が高いです。 povoとauの使い放題MAXの差額は最低でも2000円以上あるため、トッピングを10日間使用してもpovoの方が安くなります。 そのため、店頭サポートが不要という場合にはpovoを選んでほぼ間違いないと言えそうです。 店頭サポートが必要という場合には、UQモバイルが25GBまでのプランを用意していますので、それ以上必要であればau、25GB以下で十分であればUQモバイルの適切なデータ容量のプランを選択すると良いでしょう。

 

povoで使えるスマホの保険・保証

スマホの契約につきものなのがスマホの保険・保証です。スマホが壊れてしまった時に、安価で修理や交換をしてもらうためのサービスですが、povoで使える保険・保証は何があるのでしょうか。 povoは店頭サポートが受けられないため、auの従来の補償サービスをそのまま利用することはできない可能性が高そうです。よってpovo専用の補償サービスが登場すると思われます。 しかし、auとUQモバイルの間での変更手数料は全て無料となっており、料金プランでブランドを選ぶようになっていくことから、今後はキャリアを変更することも多々出てくると思います。場合によってはドコモやソフトバンクへの切り替えもありえるでしょう。その時、利用している補償サービスは継続して利用できるのでしょうか。キャリアを変える際には補償は入り直さなくてはいけないとなると、補償がキャリア変更の足枷になってしまうかもしれません。 実はスマホの保険には、機種変更やキャリア変更しても継続して利用できるサービスがあります。 povoの利用を機に、モバイル保険を使ってみませんか?  

1. モバイル保険とは

モバイル保険は、月額700円で年間合計10万円まで、Wi-FiやBluetoothにつながるモバイル通信機器全般を補償してくれるスマホの保険です。 メーカーの保証、キャリアの補償と比較してもお得な内容ですので、povoのユーザーでなくても利用をおススメしたいサービスです。 モバイル保険については、下記の記事でも詳しく説明していますので、参考にどうぞ。 参考記事:「モバイル保険のメリット・デメリット教えます!」
 

2. 機種変更・キャリア変更しても補償を継続できる

通常の補償サービスは購入したものに対してかけるサービスですが、モバイル保険は「人」に対してかけるサービスです。その人が持っているモバイル端末を補償するという物なので、新しいスマホを買った時やキャリアを変更したときにも、登録の情報を変更しておくだけでそのまま補償を継続するすることが出来ます。 頻繁に機種変更やキャリア変更をすることになりそうであれば、モバイル保険の利用がおススメです。
 

3. 壊れたときの修理はどの修理店でもOK

povoは全てオンラインでの対応で、店頭でのサポートはありません。 端末の故障を始め、トラブルが起きたときにちゃんと解決できるか、解決できるとしても郵送対応などで時間がかかるのではないか、など細かい点も気になります。 ただキャリアショップを頼ることが出来なくても、スマホの修理店自体は街中に多数あります。 povoを使用する際は、そういった街中の修理店を使うのも1つの考えです。 当店もiPhone・Google Pixel・Xperiaの修理を扱うスマホの修理店です。不具合の解消やアプリの使い方の解説、設定の代行などスマホのトラブル全般のサポートも行っております。しかしこういった修理店では、キャリアの補償を使うことが出来ません。 どこの修理店で修理しても補償をうけられるというのも、モバイル保険のメリットの1つです。

参考(モバイル保険とAppleCare+の比較)

モバイル保険

AppleCare+
盗難紛失プラン

月額料金

700円(非課税)

1,309円

対象台数

3台

1台

事故時の自己負担金

0円

12,900円
※有償本体交換

修理可能店舗

街の修理店
Apple Store
正規サービスプロバイダ

AooleCare+
正規サービスプロバイダ

まとめ

povoはオンラインでの対応に不安がない人にとっては、非常に魅力的な料金プランです。 追加トッピングで柔軟にサービスを利用できるのは画期的ではないでしょうか。 ご紹介したモバイル保険は、下記のリンクからも詳しい説明を見ることが出来ます。 気になった方はぜひご確認ください。